【Makers_商品のご紹介】ROUND TIP OXFD / SUEDE

皆さんこんにちは、中山です。

 

Makersより新アイテムが入荷しました。

 

今回はスウェードラインのアイテムです。

 

 

今年8月に受注会を行い多くのご予約を頂き、中山も1つオーダーさせて頂きました。

それが今回ご紹介する「ROUND TIP OXFD / SUEDE」です。

 

Makersオリジナルのスウェードを使用して作られた今回のアイテムは、手足が短くとても上品な仕上がりになっているのではないでしょうか。

 

 

 

[ ROUND TIP OXFD / SUEDE ]

Price:63,000円(税込69,300円)
Color:NAVY / BLACK
Size:6(24cm)-9h(27.5cm)

 

まずは以下、商品のご説明です。
===================================
【デザイン】
・デザインはUチップオックスフォード。
・元々コードヴァンラインのモデルです。今回はスエードラインにもラインナップしました。
・リッジウェイソールを配する事によりクラシカンカジュアルにダウンデート。
・様々なスタイルに合わせやすいモデルになっております。

【木型】
・木型はBKS223を使用。
・日本人の足形に合わせたEワイズとなっており、海外のシューズブランドの靴よりも甲が少し高めの設計になっています。
・土踏まずの部分も日本人に合わせて狭めに設計されているので、しっかりと支えられているような抜群のフィット感が特徴です。

【レザー】
・MAKERSオリジナルとして制作したカーフスウェードを使用。
・高級感と品のあるスウェードながら、わずかな起毛感を残していることにより、ラフにもトラッドにもコーディネートして頂けるアイテムに仕上がっています。

【靴の内側】
・靴の内側にはヘリンボーン生地を採用。
・汗の吸収と乾燥が革より優れているが故に、1960年代頃までのほとんどのVINTAGE SHOESにはヘリンボーン生地が使われていました。

【製法】
・グッドイヤーウェルト製法。
・前方のウェルト部分は張り出しがしっかりと出ていて、後方のウェルト部分はスッキリとしています。

*ソールとヒールの張り替えも可能です(有料)
その他のご相談も含めて、お気軽にご連絡ください。

===================================

 

中山がスウェードラインのアイテムを見て感じた率直な感想は、「こんなにもお手頃な価格でGETできるのか」ということです。

だって、このクオリティですよ?

 

中山は1月にお呼ばれされている結婚式にもこの靴で参加する予定です。

スウェードはどうしてもポップな印象が出てしまうことが多いですが、ここまで上品に履けるのはMakersならではの仕上げの繊細さです。

 

綺麗に揃った毛足の長さと丁寧なステッチ、さらにはグッドイヤーウェルト製法やコマンドソールにより気を張らずにガシガシ履けるという頑丈さ。

 

どこを取っても抜け目ない製品としてのクオリティに脱帽です。

 

 

GOOD LOSERでは受注会時に人気のあったBLACKとNAVYをご用意しております。

細いパンツでスウェードを大胆に見せびらかすものよし、太いパンツでさりげなさを演出するもよし。

皆さんの好みに合わせて色や履き方をお選び下さい。

 

 

普段のMakersとは一味違った革使いをして完成されたこのスウェードラインのアイテムを戦力に入れて見てはいかがでしょうか。

違った世界が見えること間違いなしですよ。

 

 

 

最後に、

=== Nakayama’s recommend (Music ver.)===

■第59回目のご紹介作品■

The Smiths – Ask (1987)

是非。

 

ではまた次回。

中山

 

===================================
現在GOOD LOSERではご自宅での試着サービスを行なっております。

気になるアイテムがあるという方、このサービスを利用して是非Milokの新作を含む
GOOD LOSER取り扱いアイテムを無料で是非ご体感下さい!!

Online Store

GOOD LOSER Instagram
@goodloser_milok

Milok official Instagram (For Collection Archive)
@milok__official

The Other Instagram Account
Designer 古口:harukafromearth
STAFF 中山:@goodloser_milok_nakayama

===================================

コメントを残す