【 IRENISA 2021AW_アイテムのご紹介】HIGH NECKED JERSEY BLOUSON

皆さんこんにちは、中山です。

 

今回はIRENISA 2021AWからデリバリーしたてのアイテムを。

「HIGH NECKED JERSEY BLOUSON」です。

 

ルックでも大きなインパクトを与え、

公開間も無くして多くのご予約を頂きました。

有難うございます。

 

まだ店頭にわずかございますが、

ファーストデリバリーの中でも特にオススメのため、

ここでご紹介。

 

【HIGH NECKED JERSEY BLOUSON】

====================

【Color】

HEATHER BLACK / IVORY

 

【Size】

2, 3

 

【Price】

55,000円(税込60,500円)

 

【Fabric】

生地は奈良産地にて、2枚のコットンジャージーの間に中綿を流し込み、

ポリエステルの接結糸で2重編み構造に編まれたキルティングカットソー素材になっています

さらにシルケット加工で毛羽感を無くし、ハリとコシを追加して、

カットソー素材とは思えない風合いとボリューム感があり、

カットソー素材でも型崩れしにくい仕上げを施しています

ブランドの定番となるオリジナルカットソー素材です

 

 

【Design】

オリジナルで作製した特殊カットソー生地を使用し、袖裏のみ付いている一重仕立てのブルゾン

身頃部分は一重仕立てで軽く仕上げ、袖通りのために袖裏のみ付いた仕立てとなっています

衿と袖口にはウールで編立られたシングルリブを使用しています

見返しやポケット袋布の押えステッチには、中糸1本のみを配色にした3本針ミシンをデザイン的に配置し、

シンプルなデザインでありながらも、縫製技術と仕様のデザインが詰まった1着になっています

 

====================

 

立ち襟のブルゾンであるのは見ての通りですが、

何と言ってもこの生地感に魅了される方が続出です。

 

ただでさえ2枚のジャージが重なっている上、

その間に中綿を流し込むことで極上のもっちり感が味わえます。

 

ジャージというとカジュアルに見えすぎると感じる方も多いかと思いますが、

IRENISAの手にかかれば「上品」と形容せざるを得ない雰囲気を醸し出してくれます。

 

 

特にワーク感が出がちな前ジップで短丈というシルエットですが、

その点もご安心を。

 

スポーツブランドにはできない心地の良さを体感できるでしょう。

 

 

初秋にはこのブルゾン1枚で、

そして気温が低くなってきたらこの上からベストなんかを羽織っても面白いのでは。

立ち襟の良さも表現できますし。

 

 

どうせ着るならセットアップが断然オススメですが、

今季のジャージシリーズでどれから手を出せばわからないという方は、

このジップブルゾンがオススメですよ。

 

 

ジャージなので気負わずに着られるという点も、

袖を通したらきっとわかった頂けるかと。

 

 

宜しくお願い申し上げます。

 

最後に、

=== Nakayama’s recommend ===

■第152回目のご紹介作品■

Masayoshi Takanaka – SUMMER BREEZE (1977)

是非。

ではまた次回。

===================================
現在GOOD LOSERではご自宅での試着サービスを行なっております。

気になるアイテムがあるという方、このサービスを利用して是非Milokの新作を含む
GOOD LOSER取り扱いアイテムを無料で是非ご体感下さい!!

Online Store

GOOD LOSER Instagram
@goodloser_shibuya

Milok official Instagram (For Collection Archive)
@milok__official

The Other Instagram Account
Designer 古口:harukafromearth
STAFF 中山:@goodloser_shibuya_nakayama

===================================

コメントを残す